「大阪国際女子マラソン」(26日・長居陸上競技場発着)東京五輪代表残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジを兼ねて行われ、松田瑞生(24)=ダイハツ=が日本歴代6位の2時間21分47秒で2年ぶり2度目の優勝。設定タイムの2時間22分22秒を上回り、五輪代表入りへ大きく前進した。MGC3位の小原怜