「苦痛で仕方がなかった」宮沢りえが15歳デビュー時を回顧

ざっくり言うと

  • 宮沢りえが13日の映画舞台挨拶で、15歳での女優デビューを振り返った
  • 当時は演技に対する苦手意識があり、演じることが苦痛で仕方がなかったそう
  • 「今でもお芝居に対する劣等感はなくなっていないのですが」とも話した
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド