「もし本当に実行されたとしたら、廃業するしかない」「コストがかかり、負担が増えて経営が圧迫される」通販サイトの「楽天市場」が来年(2020年)3月から購入額3980円以上を一律に送料無料(沖縄・離島を除く)にする「送料改革」を発表した。利用者にはうれしいが、だれが送料を負担するのか、出店者たちは猛反発してい