【AFP=時事】ドイツ・ハッセン州サッカー協会(HFV)は21日、地域リーグの試合中、退場処分を言い渡された直後に審判を殴った選手に3年間の出場停止処分を科し、その選手が所属するクラブにも6か月間の資格停止処分を言い渡した。FSVミュンスター(FSV Muenster)に所属する22歳のこの選手は、先月行われたTVセムト(TV