粉飾決算を原因とする企業の倒産が増えている。投資の失敗などで資金繰りが悪化して粉飾決算に走り、倒産を招くケースが多発。東京商工リサーチの調査によると、こうした粉飾決算倒産は2019年1〜10月の間で16件にのぼる。前年同期と比べて2倍で、18年1年間の9件をすでに上回っている。2019年1〜10月、前年2倍の16件調査は、