14日のキルギスはロングパスでサイドチェンジを行い、日本の左サイドを突こうとしてきた。その対処に当たったのは2010年から3回のワールドカップを経験しているベテランの長友佑都。長友が長きにわたり活躍しているということは、それだけライバルなってきた選手が少ないとも言える。今回のベネズエラ戦ではその長友が外れ