厚生労働省は全国でインフルエンザが流行期に入ったと発表しました。去年よりも4週早い流行期入りです。都道府県別で患者数が特に多いのは沖縄県や鹿児島県、それに青森県となっています。