【AFP=時事】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に出場している南アフリカのラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)は、日本との準々決勝に備えている中で、チームは2015年大会で「ブライトン(Brighton)の奇跡」と称された日本戦での悔しい敗戦を「消し去った」という認識を示した。大会の