韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の側近で不正疑惑を抱えていた者国(チョグク)法相が14日、突然の辞任を表明した。野党の批判にさらされながらも、文政権の公約である「検察改革」を完成させる強い意思を示していたが、文氏の支持率が就任以降で最低の水準にまで低下するなか、継続は困難と判断したとみられ