【AFP=時事】ドイツ西部トリーア(Trier)近郊で8日、米軍のF16戦闘機が墜落した。操縦士は緊急脱出し、無事だった。ドイツ空軍がAFPに明らかにした。事故現場近くのシュパンダーレム(Spangdahlem)米空軍基地は、同機が「通常の訓練飛行」中に墜落したと認め、操縦士が「軽傷を負った状態で救助された」と述べた。地