代名詞の「二刀流」を封印し、プロ入り後、初めてバットだけで戦い抜いた大谷翔平のメジャー2年目は、思いがけない形で幕を閉じることになった。「左膝の二分膝蓋骨(にぶんしつがいこつ)の手術。全治まで8〜12週間程度で、今季中の復帰は絶望」突然の発表に、アナハイムを訪れた日本人ファンも当惑した様子だった。