「氷雪地帯に住む先住民族のイヌイットは、自分のうんちでナイフを作り、肉を切っていた」という伝説が長年未検証のまま信じられてきたという事実を顧みて、人類学者が「本当に人糞のナイフで切れるのか?」という実験を、体を張って行いました。この研究結果が論文として発表されています。Experimental replication shows