外から見たらなにもなさそうだけど、実際は様々な病気や障害などで、もしもの時に助けが要る人が持つ「ヘルプマーク」。そのヘルプマークを電車内で見た、というひとりの紳士がとった行動がとってもジェントルマンと話題になりました。【さらに詳しい元の記事はこちら】慢性持続型全大腸型潰瘍性大腸炎にて23歳で大腸全