記憶喪失というと、記憶の中の特定の人物や経験が部分的に抜け落ちてしまう状態を想像する人は多いのではないだろうか。筆者もそうだった。しかし、生まれたときから積み重ねてきた習慣や感情までもが消えてしまったら? 『記憶喪失になったぼくが見た世界(朝日文庫)』(坪倉優介/朝日新聞出版)はそんな実体験を書いて