「リアルタイム」な情報の強化今や、スマートフォンを持っていない人の方が珍しがられる時代。個人が持つデバイスとして完全に定着したと言ってよい。この社会的傾向を受けて、各鉄道会社もスマートフォン向けの無料公式アプリを配布し、各種の情報提供に役立てている。利用者も多いであろう「JR東日本アプリ」を例に取ると