CoCo壱番屋の創業者「15歳までローソク暮らし」からの逆転

ざっくり言うと

  • 外食カレーの王国を築いたと言われているCoCo壱番屋の創業者・徳二宗次氏
  • 15歳まで自宅に電気が通っておらず、ローソクの灯りで暮らしていたという
  • 高校卒業後、営業マンや不動産経営を経て、29歳で同店を開くこととなった
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド