「全国高校野球選手権・決勝、履正社5−3星稜」(22日、甲子園球場)履正社(大阪)の春夏通じて初優勝に貢献した先発の清水大成投手(3年)は、試合後、星稜(石川)のエース・奥川と「ナイスピッチング」、「ありがとう」と言葉をかわしたと明かした。清水は二回に星稜の岡田に先制適時打を許したものの、以後