いたずらに「老後不安」におびえるのではなく、「公的年金」をうまく利用して自分に合った「お金の人生設計」をしましょう(写真:Yagi-Studio/iStock)「灯台もと暗し」。最近、お金の相談に乗るたびに思い浮かぶ言葉です。すでに大きな保障を持っているのに、なぜこうも「老後不安」におびえないといけないのでしょうか