甲子園の星稜戦で智弁和歌山の主将が見せた友情 相手エースを手助け

ざっくり言うと

  • 17日の智弁和歌山戦で、星稜・奥川恭伸は11回に足がつったため治療に入った
  • その際、智弁和歌山の主将・黒川史陽から熱中症対策の錠剤が届けられたそう
  • 星稜・林監督は、敵味方を超えた友情に「ありがたいですね」と感謝を述べた
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド