業務減らして残業をゼロにするのは不当労働行為 給与体系の問題点

ざっくり言うと

  • ある会社の社員らが、歩合給から残業代が引かれる給与体系は不当と訴えた
  • これに対し、会社側は社員らの業務量を減らし、残業を一切禁止に
  • 労働委は不当労働行為に当たるとして、賃金減額相当分を支払うように命じた
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド