ロシア製顔写真編集アプリ「FaceApp(フェイスアップ)」を使った“老け顔”は、写真を未来の姿に加工できるとあって人気を集めているが、中国で無料通信アプリ「微信(ウィーチャット)」を展開する大手IT・ネットサービス会社「テンセント(騰訊)」も、同アプリと同じような機能を持った「AI(人工知能)技術」を開発し