◇第101回全国高校野球大会岩手大会「佐々木フィーバー」は止まらない。大船渡の準々決勝が行われる岩手県営球場は22日も、早朝から賑わった。前日の盛岡四との4回戦で佐々木は194球の熱投。加えて、この日は平日でもあったが、朝7時には球場に約100人が行列を作った。開門も1時間以上早められ、7時18分には開場。1