Indeed Japanは過去6年分のデータをもとに、代表的な5つの職種(営業・マーケティング・経理・人事・事務)について、求職者がいつ求人情報の検索を行っているかを分析した。求職者の仕事に対する価値観の多様化、仕事探しのスキル向上などの影響もあり、転職者数はここ数年で増加傾向にある。また、企業側も一年を通じ