江戸時代を通して江戸の町には人口の上水道はありました。新興都市だった江戸では水道の設備を作らないと水をまかないきれなかったからです。家康は江戸に入るとすぐに家臣に水道づくりを命じました。当時の江戸には台地の湧き水と溜め池(現在の港区溜池)の水が飲み水に適していたのですが、これだけではとても江戸の人口