18日のDeNA戦でソトの打球が直撃し「左膝蓋骨骨折」の診断を受けていた日本ハムは19日、上沢直之投手が骨折した左膝蓋骨の整復固定術を受け、無事に終了したことを発表した。全治は5か月の見通し。上沢は18日のDeNA戦に先発したが、6回にソトの痛烈な打球が左膝を直撃。そのまま途中降板となり、東京都内の病院で検査を