スポーツ新聞で番記者をしていた頃、いつもある葛藤と戦っていた。担当選手の中でも思い入れが強ければ強いほど、そのジレンマは大きく膨らんだ。あんなにいい話、こんなにいいエピソード。書きたいことが多すぎて紙面の行数に収まり切らず、最低限盛り込まなくてはならないチーム状況や首脳陣のコメントを勝手にカット。