先週のオークスはスタート前に色んなことがあって、ウォーターナビレラにとっては不運なレースになってしまいました。極限に張り詰めた状態で15分のスタート待ち。放馬は仕方ありませんが、その後の対処については課題が残ったと言えるでしょうね。ちなみにウォーターナビレラは、レース後に軽度の熱中症が見られたそうです。

 さあ、今週はダービー。久々に大観衆の前(上限7万人の入場券が発売されると聞いています)で戦う大一番です。幸い、ボクのドウデュースはなにがあっても動じることがない頼もしい馬。たくさんの取材をお受けしましたが、コメントは「勝ちたい」で固めてきました。最年長ダービージョッキー、6度目の戴冠等々、いろんな記録を並べたてられていますが、ボクも馬にならって動じないつもりです。

【武豊日記】6回目のダービー制覇ダービーからダービーへ


 今朝は2歳新馬戦の先陣を切る、エゾダイモン(藤田晋オーナー、武幸四郎厩舎のハーツクライ産駒)の追い切りに乗りました。期待通りの素晴らしい動きで、デビューは6月4日の東京5レース、芝1600mに決定です。また、ビューティーワン(武英智厩舎のハーツクライ牝馬)もなかなかの動き。こちらは5日の東京5レース、牝馬限定の芝1600mでデビューだそうです。

 ダービーからダービーへ。来年の主役たちも動き出しています。そちらもご期待ください。