焼肉チェーン「牛角」のサブスクリプション(月額定額制)サービスが話題になっている。中でも、食べ放題のコースが1か月1万1000円で楽しめる「1か月食べ放題」に注目が集まっている。

同サービスは、食べ放題の「牛角コース」(1人3828円)と「お気軽コース」(3278円)のいずれかを1日1回、1か月利用できるというもの。サブスクは現在、都内の赤坂店、三軒茶屋店、千葉の花見川店で実施しており、選んだ店舗でのみ利用できる。

牛角コースであれば月3回利用すればもとが取れることになる。また、仮に31日間毎日利用した場合、1回あたり366円で食べ放題が楽しめることになる。破格のコスパだ。牛角を運営するレインズインターナショナルの広報担当者は、

「牛角をより身近に好きになっていただくため、昨年11月末から実施しています。2~3か月に1回来店されるお客様に、1か月に2~3回来ていただけるようになればいいなと思い導入しました」

と話す。

【追記】なお同サービスは1月7日、販売終了となっている。(関連記事:「【悲報】牛角の月額1万1000円で焼肉食べ放題、終了」)

開始から約1か月、20~30代に人気

牛角は2019年10月に牛角コース半額や飲み放題などのサブスクを開始。しかし、「中々利用者に届かなかった」といい、11月に食べ放題サブスクのサービス提供を開始した。食べ放題サブスクは20~30代に人気で、特に30代男性の1人利用が多い傾向にあるという。

利用できる「牛角コース」はハラミやカルビと、鴨ロース、とんタンなど肉系のほか、野菜、おつまみ、ごはん、スープ、デザートなど100品以上が、「お気軽コース」は80品以上のメニューが食べ放題で楽しめるというものだ。同担当者は、

「まだ開始して1か月程度なので採算など状況を見ている段階ですが、今後は全店舗にサービス拡大していけたらと考えています」

とコメントした。ツイッターでは「横須賀でもやって」「関西でもやって」といった声が相次いでいる。サービス自体についても「そんなバカな…」「これで月の食費を鬼節約できそう」といった声が寄せられた。

また食べ放題メニューにサラダや野菜もあることから「トレーニングしてる人には夢のようなサービス」という人もいる。糖質制限をしている人にとっても役立つサービスといえるようだ。