みなさん、余ったカレーってどうしてますか?
筆者は小さい頃から、余ったカレーを食パンにつけて食べるのが大好きで、それを食べるのを楽しみにしているほどでした。濃厚なカレーの染み込んだパンがたまらないのです!

実は、それを思う存分食べられるお店があるんです。しかも、カレーを食パンを丸ごと使った器で食べられちゃうというではないですか! というわけで、大好きなカレーパンを求めて、今回は千葉まで行ってきました!

見た目は昔ながらの喫茶店「カフェ 呂久呂」


そのカレーパンを出してくれるのは、「カフェ呂久呂」というお店。JR千葉駅から徒歩15分ほどの場所にありました。京成線の千葉中央駅からは徒歩5分くらいで到着です。外観は昔ながらの喫茶店という雰囲気。


自家焙煎のコーヒーを出してくれたりするようです。コーヒーが好きな人にもいいですね。


店内に入ってみると、ちょっと薄暗くて懐かしい雰囲気です。ギャラリーも兼ねているとか。奥にはゆったりとしたソファが置かれた席もありました。



さっそくメニューを確認です! お目当はもちろん食パンをまるっと使ったという「ジャンボカレートースト」ですよ。


メニューには「特大サイズのトーストにビーフカレーをかけた呂久呂オリジナルトースト」とあります。胸が高まりますね。カレージャンボトーストの他にもハニーバタートーストもありますね。こっちもかなり気になります。


「カツカレージャンボトースト」なんていうスペシャルなトーストもあるようです。ジャンボカレートーストになんとトンカツ! しかもキャベツや半熟卵まで。かなりのボリュームですね。食べ応えありそうです。自信のある方はぜひ試していただきたい。

筆者はカレージャンボトーストにお店の人オススメのトッピング、チーズをプラスして注文しました。そして、自家焙煎のアイスコーヒーをお供に。このジャンボトーストを注文すると、食べ方を書いたシートを渡されるので、しっかり読みましょう。


なんと、トーストの厚さは9~10センチもあるとのこと! 期待で胸が高まります。こちらのジャンボカレートーストは出来上がりまでにお時間がかかるので、ゆったり待ちましょう。

食パンの器にたっぷりのビーフカレーのハーモニー!


数分後、キッチンから香ばしい香りが…。いよいよジャンボカレートーストの登場です。


どーん!なかなかの迫力です。食パンで作った器に、なみなみとビーフカレーが注がれています。


横から見るとこの食パンの分厚さを実感できます。10センチは軽くあります。ではさっそく食べ方に書かれていた通りに食してみます。

まず、フォークで器の奥にある食パンをさします。そうしてカレーをからめながら取り出すと…。


奥から濃厚なビーフカレーに浸かった食パンが出てきました!
食べてみると、ほんのり甘みのある食パンとカレーがぴったり! ビーフカレーは、昔ながらのタマネギの甘みを感じる日本式のカレーです。


ジャンボカレートーストの断層はこんな感じ。最後は器になっている食パンの耳を崩しながらカレーにつけて食べていきます。もしカレーが足りなければ、追加注文できるので試してみてくださいね。最後まで美味しくいただけますよ。

カレーパンが好きな人にはぜひ食べてもらいたい「カフェ呂久呂」のジャンボカレートースト。ぜひぜひおためしあれ。筆者は思う存分夢に見ていたカレートーストを食べられて、大満足でした。

店名:カフェ呂久呂
住所:千葉県千葉市中央区中央3-4-10
電話番号:043-224-5251
営業時間:[月~土]11:00~20:30(L.O.20:00)、[日・祝]11:00~20:00

(西門香央里)