国民的ロックバンド「サザンオールスターズ」の桑田佳祐(58)が受難続きだ。

 ミソのつきはじめは、昨年大晦日の紅白歌合戦。コンサート会場からの中継で、独裁者を思わせるチョビ髭姿で登場し、メッセージ性の強い「ピースとハイライト」を披露した。

 さらに、中継終了後には昨年受賞した紫綬褒章を無造作にポケットから取り出し、観衆に「欲しい人?」と呼びかけた。

 この一連のパフォーマンスが、インターネット上で、「安倍政権への批判だ」「天皇陛下を侮辱している」などと大炎上したのだ。

マルサ=国税が重大関心

 批判は一向に止まず、ついに1月には、サザンが所属する芸能事務所「アミューズ」の東京・渋谷の本社に右翼団体が押しかけた。結局、アミューズがお詫び文書を発表し、桑田自身も出演するラジオで謝罪することに。この対応にも「謝る必要があったのか」などと賛否の声が挙がっているが、より深刻な事態が桑田に忍び寄っているようだ。

 フライデー1月30日号(講談社)が、桑田とアミューズに東京国税局調査部、いわゆる「マルサ」が「重大関心」を示していると報じたのだ。

 同誌によれば、桑田は2012年3月に移り住んだ東京・目黒区内の超豪邸を所有。以前に住んでいた、同じ地域内の敷地約100坪の家は個人事務所名義にしているのだという。一方のアミューズも、2013年度の売り上げが280億円を超えるなど絶好調。

 こうした莫大な資産の動きを国税が注視しているというのだ。発端は紅白の出場か

 一難去ってまた一難という感のある桑田。ただ、気になるのは、なぜこれほどまでに逆風が吹くようになったのか、ということだ。

 その遠因として、あるスポーツ紙の芸能担当記者が声を潜めてこう裏事情を明かした。

「大晦日の紅白出場をめぐってアミューズと桑田が、芸能界に大きな影響力を持つ、ある芸能プロ代表の怒りを買ったらしいのです。その一件があってから風向きが急におかしくなった。業界を牛耳る大物の意向で一斉にネガティブキャンペーンが始まった印象です」

 複数の関係者によると、このトラブルの影響もあってか、昨年松の紅白には不穏な空気がつきまとっていたという。

「NHKが普段なら取材可能としていたエリアに記者を入れなかった。そのため、現場は怒号が飛び交うなどただならぬ雰囲気となった。NHK側は明確な理由を明かさなかったが、一部ではあの芸能プロ代表の圧力があったのではないか、と言われている」(前出・スポーツ紙記者)

 直前まで一切情報を明かさず、異例の中継出場となった紅白での演出も、このトラブルの影響による苦肉の策だったとの指摘もある。

「アミューズ側と揉めた芸能プロ代表がサザンの紅白出場に難色を示した。そのため、妨害を受けないように本番直前までトップシークレットにして情報を漏らさないようにしたのではないか、という話だ」(同前)

 果たしてわれらがサザンは、「TSUNAMI」のように押し寄せるトラブルの数々を乗り切ることができるのだろうか。

(取材・文/浅間三蔵)