2014年6月21日、米ABC放送によると、美容整形が目的で韓国を訪れる外国人観光客のうち、中国人観光客が最も大きな顧客層となっている。23日付で新聞晨報が伝えた。

【その他の写真】

国際美容外科学会(ISAPS)の統計データによると、韓国・ソウルの女性5人中1人が美容整形の経験がある。米国では20人中1人となっており、いかに韓国で美容整形が普及しているかが分かる。

韓国健康産業発展研究所がこのほど発表した報告書によると、韓国で美容整形手術を行った外国人旅行客は2009年には2851人だったが、2012年には1万5898人にまで急増しており、年間平均増加率は77.3%となっている。ソウルで美容整形手術を行った米国人女性は、「米国では8000ドル(約80万円)はかかるが、韓国だと2000〜4500ドル(約20〜45万円)で済む」と話す。

また同報告書では、中国人観光客が米国人観光客を抜き、韓国美容整形市場の最大外国人顧客層となっていると指摘。2012年に韓国の整形外科を訪れた中国人観光客は9833人で、韓国で整形外科を受ける外国人の62%を占めている。

市場が巨大化するにつれて競争も激化しており、ソウルでは地下鉄の駅やバス停だけでなく、電車内やバスの車体などあらゆるところに美容整形の広告が張られている。このため、ソウル市政府はこのほど関連機関に対し、地下鉄の駅に張られている広告の数を全広告の20%以下に制限するよう求めた。(翻訳・編集/藤)