京都のホテルに行政指導「戦争犯罪」を理由にイスラエル人の予約取り消す

ざっくり言うと

  • 京都にある「ホテルマテリアル」が、市から旅館業法違反を指摘された
  • 「戦争犯罪」を理由にイスラエル人観光客の予約を取り消すと通告したそう
  • 同国大使館によると、通告したのは一般従業員で、総支配人や経営者ではない
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。