患者の大腸がんを1年間放置 情報共有されぬままステージ「3」から「4」に

ざっくり言うと

  • 神戸市民病院機構は19日、市立の病院で医療ミスがあったと発表した
  • 院内で情報共有がされないまま、80代男性の大腸がんを1年間放置したという
  • ステージ(病期)は「3」から「4」に進行していたとのこと
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。