人食いバクテリアと呼ばれる劇症型溶連菌の感染者数 過去最多を更新

ざっくり言うと

  • 致死率が高く、「人食いバクテリア」とも呼ばれる「劇症型溶連菌」
  • 2日までの感染者数は977人で、 2023年の941人を上回り、過去最多となった
  • 初期症状は発熱や手足の腫れなどで、短時間で容体が急変する恐れがあるそう
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。