男子バレー日本代表はフルセットの末にカナダに敗れた(C)Getty Images

 バレーボール・ネーションズリーグ(VNL)は6月18日、男子は予選ラウンド第3週がフィリピン・マニラで行われた。世界ランク3位の日本は、既にパリ五輪出場を決めている同12位のカナダと対戦し、フルセットの激闘の末、2-3で敗れた。世界ランク3位を死守できず、5位に後退した。

【動画】強いぜ!男子バレー日本代表がイランにストレート勝ち!

 第1セットは、序盤にカナダが2-7とリードを5点差に広げていくと、郄橋藍の高さのあるスパイクなどで得点し反撃。石川祐希も得点して10点目を挙げ、中盤は7点差をつけられながら粘りを見せる。終盤、西田有志が強烈なスパイクを浴びせ、さらにサービスエースを決めるなど流れを引き寄せて20-23としたが、反撃及ばず21-25でこのセットを先取された。

 第2セットも序盤はカナダがリード。中盤から競り合いになり、カナダのエース・マーのスパイクに苦しめられながらも、日本は石川の連続ポイントなどで反撃。14-12と逆転に成功する。郄橋藍が2連続サービスエースを決めて18-14とリードを4点差にすると、このセットを25-20で奪い返す。

 第3セットは10-11から4連続失点。サーブミスも目立つなど、15-25で奪われる。迎えた第4セットも連続ポイントで4点差をつけられる苦しい展開となったが、中盤に反撃して逆転すると、後半はミドルブロッカーが活躍。山内晶大のアタックが決まるなど20-17で3点差をつけると、郄橋健太郎も得点を挙げ、最後は西田がサービスエースを決めて25-20でこのセットを奪った。

 フルセットに突入し、4-7と3点リードされた場面で、石川のフェイント、ブロックが決まって6-7と反撃するが、カナダに6-9と突き放され、最後は追いつくことができずに敗れた。

 パリ五輪で52年ぶりのメダル獲得を目指すため、チーム力を上げていく上で重要な今大会。フィリピンの会場は日本への大きな声援が送られたが、それに応えることはできなかった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]