研修医が重症度低いと誤診し16歳の男子高校生が死亡 病院側謝罪

ざっくり言うと

  • 昨年、日赤名古屋第二病院を受診し、その後に亡くなった16歳の男子高校生
  • 研修医に「急性胃腸炎」と診断され、帰宅させられるなどしていた
  • 病院は研修医の判断などが原因の医療ミスと認め、遺族に謝罪した
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。