陸上男子400メートル障害の日本記録保持者であるスポーツコメンテーターの為末大氏が5月20日、自身のX(旧Twitter)に、“多様性”に関する持論を展開。その中で、≪50歳以降で多様性理解のために一番おすすめなのは「20歳以上下の異性の友達を作る」だと思っています≫と投稿したのだが、SNSでは、“50歳以上のおじさんと友達になりたい若い女性なんていない”といった声が噴出し、「気持ち悪い」の大合唱に。

【画像】「気持ち悪い」の大合唱となった為末大の主張

気持ち悪がられた理由

 とある雑誌編集者は、為末氏がかつて行った恋愛相談の回答に、「今回の炎上発言を生んだ、やや危険な彼の思想を垣間見ることができる」と話す。

 Xでは普段、スポーツに関する話題のほか、社会問題にも鋭く切り込んでいる為末氏。この日は、日本人と多様性というテーマに意見を述べていた。

《日本人が最も苦手な多様性は、性別でも国籍でも宗教でもなく、年齢だと思います。年上や年下と友達になれない。年齢によってどうしても態度を変えてしまう。この思い込みから逃れられなければ、少なくとも年齢の多様性は獲得できません。年齢が違う人の気持ちがわからないままです》

 と述べ、それを克服するために、50歳以降の人に20歳以上下の異性の友達を作ることを推奨したのだ。

「為末氏が46歳の男性ということもあってか、おじさんが“多様性を理解したい”という自分の欲求のためだけに、若い女性に近づこうとする姿を思い浮かべた人は多く、“気持ち悪い”という声がSNSを飛び交うことになりました。おじさんによる若い女性へのセクハラがはびこる今の日本では、こうした反応が出てしまうのは致し方ないのでは」(芸能ライター)

 SNSでは、過去、年上の男性から付きまとわれ、恐怖に震えたという経験談を語る女性も出現。たとえ下心は一切なかったとしても、20歳以上年上の男性から友達になりたいと言われ、喜んで応じる若い女性は「ほとんどいないのではないでしょうか」(前・同)。

 そんな為末氏に関して、前出の雑誌編集者は、「もともと男女関係に対しても、相手の事情や感情より、自身の思いを優先させるタイプかもしれない」と指摘する。

「為末氏はかつて、ウェブメディア『プレジデントオンライン』の人生相談企画に回答者として登場していたんです。2015年9月掲載の≪人生で一度も女性とお付き合いしたことがありません≫という30代男性の相談にも回答しており、そこに気になる発言を見つけました」(前・同)

為末氏の発言の問題点とは

 ≪私は人生で一度も女性とお付きあいをしたことがありません≫と話す相談者の男性は、≪イベントやサークルに参加して交友関係を築こうと努力≫したものの、うまくいかず。為末氏に≪彼女を作るにはどうしたらよいでしょうか?≫と質問している。

「為末氏は冒頭、≪北方謙三先生だったら一言、「ソープに行け」ということなんでしょうけれど(笑)≫と冗談を言いつつ、相談者について≪上手くやろうとしすぎることが、上手くいかないことの原因になっている状態≫と分析し、≪いきなりただ1人の「彼女」じゃなくても「女性の顔見知り」を増やすことからでもいいじゃないですか≫とアドバイスしています。そして、≪とにかく自分の緊張をほぐすことが大事≫とし、≪女性の気持ちを過剰に配慮しすぎないこと≫を勧めているんです」(前・同)

 その意図について、為末氏は、

人間関係のパワーバランスは常に揺れ動いているわけですが、そのバランスをうまく保つことにばかり気を取られていると絶対に場の主導権はとれない。「あなたはどうしたいですか?」ではなくてときには「僕はこうしたいんです」と自分のエゴを出してみると、おそらく今までとは違った状況が経験できると思います≫

 と説明しているが……。

「端的にいうと、彼女を作りたかったら、まずは相手の気持ちではなく、自分の気持ちを優先させようと助言しているわけです。為末氏のこうした考えが、≪20歳以上下の異性の友達を作る≫発言につながっているように思えてなりません。

 加えて、彼がどのような相手とでも≪人間関係のパワーバランスは常に揺れ動いている≫と考えているのであれば、それは間違いでしょう。20歳以上も年齢が離れた年上の男性と年下の女性の権力勾配に無頓着すぎます。年上の男性に『友達になって』とお願いされ、面と向かって『NO』と言えない若い女性は少なからずいるでしょうし、為末氏は人間関係において、自分のエゴを出すのではなく、相手の気持ちに配慮することに重きを置いた方がいいのでは」(前・同)

 為末氏は件の発言が大炎上したことにより、Xアカウントが凍結される事態に(現在は凍結解除)。SNSでは、「凍結されるほどの問題発言だったのか」という疑問の声も上がっているが、いまだ批判の声は鳴り止まない。なぜ自身が炎上したのか、為末氏は理解できているのであろうか――。