5月中旬の夜、芸能人の出没スポットとして有名な東京の閑静な住宅街。そこには、知る人ぞ知るレトロな雰囲気漂う焼き肉店がある。この日、店内では、誰もが知る歌舞伎俳優と、11歳年下の女性アーティストが焼き肉をつつきながら談笑していた─。

【写真】レコ大女性歌手とリラックスムードで“焼肉密会”を楽しむ尾上松也

松本潤が“接待”に使う焼肉店

「この店は、松本潤さんの行きつけなんです。彼は、5月いっぱいでSTARTO社から“独立”することを発表したばかり。近ごろは、大河ドラマのスタッフや、独立後も関わっていくスタッフたちを積極的に食事に連れていっているそうです」(テレビ局スタッフ、以下同)

 松本は、個人としては“裏方でやっていきたい”という思いがあったという。

「2023年の大河ドラマ『どうする家康』の現場で“今後は、あまり表に出ずに裏方としてやっていきたい”と、周囲に漏らしていました。STARTO社の旗揚げドーム公演では、演出を担当していましたし、新しい環境でも、演出家をメインに活動していきたいと意気込んでいるみたいです」

 松本が“接待”のため頻繁に訪れているのが、冒頭の焼き肉店だという。

「スパイスで味つけしたラム肉やホルモンが売りの“多国籍”焼き肉店です。こだわりの肉を提供する有名卸店から仕入れており、牛肉はすべてA5ランク。松本さんは、連れてきたスタッフたちに“どんどん食べて”と肉を振る舞い、スマートにお会計をして帰っていくそうです」

 松本の“激推し店”ということもあってか、彼の友人や仕事仲間も多く訪れるそう。冒頭のシーンに戻る。

「この日ふらっと店に入ったら、窓側の端の席に尾上松也さんと大原櫻子さんがいたんです。2人とも変装していなかったのですぐに気がつきました。大原さんはキルティング素材のピンク色のカーディガンにジーンズを合わせ、ほぼスッピンのようでした。松也さんもシンプルな白のTシャツに、下は黒のスウェット姿というラフな格好で。服装からもわかりましたが、2人とも自然体だったので、普段からよく会われているんだなと感じましたね」(居合わせた客、以下同)

 松也は、松本の高校時代の1学年後輩にあたり、現在も親交が深いことで知られている。

「松本さんをきっかけに、松也さんもこの店に来るようになったと、店員さんが言っていました。松也さんがお会計をすると、大原さんが“ごちそうさまです”と声をかけていたので、松也さんの奢りだったのでしょう」

“MJには劣りますよ〜”

 2人が店を後にしたのは、夜9時ごろだったという。

「帰り際、店員さんが松也さんに“やっぱりオーラありますね!”と声をかけると、松也さんは“MJ(松本の愛称)には劣りますよ〜”と、謙遜している様子でした。その後、大原さんと一緒にタクシーに乗り込んで、店を後にしていました」

 密会相手である大原は、女優業もこなすアーティストとして知られる。

「2013年に公開された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のオーディションで、約5000人の中からヒロインに選ばれ、女優デビューしました。劇中で組んだバンドのボーカルとして、歌手デビューも果たしています。2014年には自身の名義でリリースした楽曲で日本レコード大賞新人賞を受賞。その後も、歌手と女優の二刀流でマルチに活動しています」(スポーツ紙記者)

 松也と距離を縮めたのは、2018年の舞台『メタルマクベス』での共演。

「この舞台で2人は夫婦役を演じました。劇中では、大胆なキスシーンもあって……。その後、2人は意気投合。お互いが出演する舞台を観劇し合うなど、仲よくしていると聞いています」(芸能プロダクション関係者、以下同)

 この“焼き肉密会”は、忙しい合間を縫ってのことだった。

「大原さんは現在出演中の舞台の休演日で、松也さんも昼過ぎまで歌舞伎座で公演に出た日でした。最近の仕事についてやプライベートの話で盛り上がったそうですよ」

 松也と大原の関係性や、焼き肉店での密会の内容について、双方の事務所に問い合わせたが、期日までに返答はなかった。

 “愛されすぎてる”ふたりの本当の仲は─?