会社設立を公表するKing&Princeの2人(公式Xより)

 5月25日、King&Princeの永瀬廉高橋海人が、『with MUSIC』(日本テレビ系)に出演し、かつて同じグループだった平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太で結成された「Number_i」に初言及した。

 2023年5月に平野、神宮寺が、岸は遅れて9月に退所してから、約1年がたった。岸の退所から数週間後、3人は「TOBE」にて「Number_i」結成を発表。今年3月には地上波出演もはたし、着々とキャリアを重ねている。

 キンプリの2人は、これまでNumber_iについて地上波で発言してきたことはなかった。だが、今回の放送中、MCの有働由美子アナウンサーから、「Number_iのパフォーマンスは見たりしますか?」とまさかの質問が。

 2人は「もちろん!」と即答し、高橋は「大好きな兄貴分。毎回楽しく見させてもらってます」と発言。永瀬も「かっこいいよね、『GOAT』もね」と、Number_iの新曲名を出しながら笑顔で答えた。

 かつての仲間たちについて、にこやかに返答した2人だが、それを見ていたファンたちは心穏やかとはいかなかったようだ。Xでは、変わらぬ “仲よし” ぶりに歓喜する声も多いが、一方でピリピリモードの声も……。

《自ら言及したわけではなく、MCからの質問に答えただけ。2人は真面目で賢いから真摯に答えたけど、ファンはあんな質問歓迎していないし。Number_iにKing & Princeのこと、同じ質問できるのかな?》

《2人の優しさにどこまでつけ込むんだ?あいつらのせいでどれだけ叩かれて辛い思いしたと思ってんの?クソ日テレ 共演とかマジやめろよ?》

《いっつも残ったほうばっか気遣わされてかわいそう》

「やめた経緯が複雑なだけに、キンプリファンとNumber_iのファンは、お互いにバチバチしています。今年の元旦には、岸さんがキンプリの2人へ『変わらず応援しています』とメッセージを送っており、本人たちは円満な関係性をアピールしています。

 そんな5人をそれぞれに応援している人も少なくないのですが、脱退やTOBEへの合流が受け入れられない層は一定数いるようです。

 先日、キンプリの2人が2021年から続けている『non-no』の連載を《次のステップへと進むため》という理由で卒業したのですが、この発表にファンたちが『Number_iと合流するのか』と色めきたったこともありました。

 2人はその後『King&Prince株式会社』を設立したため、現実的に合流は難しそうですが、そもそもファン同士がこの調子では、合流したところで両者が激しいバッシングを受けそうです」(芸能記者)

 奇しくも、来週6月1日の放送では、Number_iが同番組に出演する予定だ。はたして、彼らに対しても「King&Princeのパフォーマンスは見ますか?」という質問が飛び出すのか。多くの注目が集まっている。