テレビ朝日の人気アナウンサー田中萌。テレ朝が出資しているABEMAで帯番組である『ABEMA Prime』の月・火を担当するなど、広く活躍している。人気アナらしく、5月5日放送の『ABEMA的ニュースショー』では「炎上しないSNS」投稿術を披露し話題となった。

【写真あり】「週刊誌に気をつけたら?」不倫報道の女性アナの“炎上しない”SNS投稿

 しかし、ネット上では田中に対し「SNSよりも気をつけることあるだろ!」とツッコミの声も多くあがっている。

田中萌アナの炎上しないSNS投稿術

 番組内では《スプーンやサングラスの反射を拡大して、自宅などをちょっとでも特定できる情報が映り込んでいないかをチェックしています》と、SNS上でプライベートな情報を与えない徹底ぶりを解説。外食の投稿も《アナウンサーは個人のSNSで特定のお店をPRすることが出来ないので、お店の情報をすべて隠している》などSNSに投稿する際の工夫を明かした。

 しかし、そんな田中に対しネット上では

《そこまでしてSNSやる意味あるの?》

《スプーンの映り込みなんかより週刊誌に不倫中のすごい顔撮られてたよね》

《SNSよりも週刊誌に気をつけたら?》

 といった声が続出。田中の過去の不倫騒動を思い出し再び話題にあげる人が多かった。

「田中アナは、2016年に共演していた先輩である既婚者の加藤泰平アナとの不倫交際が『週刊文春』によって報じられました。その後、加藤アナだけでなく、同僚の20代アナ、テレ朝の番組制作スタッフ2人とも同時並行で4股をかけていたと『東スポ』に報じられたりと、かなりの肉食な一面があるようです」(芸能ライター)

度々のスキャンダルに加えて…

 さらに2020年にはTHE ORAL CIGARETTESのベーシスト・あきらかにあきらとの熱愛が報道され、再び話題となった。局内では《やっと不倫騒動が忘れられつつあったのにまたか》といった反応だったようだ。

 また田中はスキャンダルでのお騒がせだけでなく、奔放な発言も度々話題となる。2022年の年末に放送された『ABEMA Prime』の中で「ABEMAもいいけど地上波も出せ!バカヤロー!」と叫んでいたシーンが映された。これは「マイクに向かって1年間溜まったうっぷんを叫ぶ」という祭りのロケでの一幕だったが、包み隠さず本音を叫ぶ姿は良くも悪くも話題に。

森香澄さんが今年1月に放送されたテレビ番組で、交際相手に求める年収を103万円と明かしたことでSNSなどで話題になりました。一方、田中さんはこの話題に対し『ABEMA的ニュースショー』の中で、《私は、大卒で大手企業のサラリーマン・30代・年収1000万》と回答し、スタジオは爆笑。お騒がせなところもありますが、逆に今では正直な発言に惹かれているファンも多いようです」(前出・芸能ライター)

 今ではすっかり「奔放キャラ」を売りにしてAMEMAの顔となっている田中萌。奔放な行動には賛否あるが、その分バラエティなどの適正は高そうだ。