かつてアイドル女優として一世を風靡した西田ひかる。一般男性と結婚した2002年以降は露出が減ったが、5月14日の生放送番組『ぽかぽか』(フジテレビ系)に出演してネットを大いに沸かせている。

【写真】「美しく年を重ねている」ファンが歓喜した西田ひかる、現在の姿

一時代を築いた西田ひかるの美貌

 さすが一時代を築いた美貌の持ち主だけあって《こんなかわいい50代ほかにいる?》《相変わらず笑顔が素敵》と称賛の声が相次いだ一方、

《テレビで久しぶりに見たせいか顔の印象が変わった気がする》

《美人であることに変わりはないけど年相応の雰囲気になってきたね》

《ずっとアイドル女優のイメージがあったから、さすがに年を取ったなって思う》

 と西田の変貌に驚きの声を上げる人も少なくない。

「1972年8月生まれの西田は現在51歳。73年から85年までアメリカ・ロサンゼルスで暮らしていた帰国子女で、88年に芸能界デビューを飾りました。デビュー年にしてレコードリリースとミュージカル『小公子セディ』に主演するなど話題性抜群で、なおかつあの美貌ですから一気にファンを獲得したことは言うまでもありません。

 また、健康的で明るい性格も熱い支持を受ける理由のひとつ。『ぽかぽか』への出演で驚いた人も多いようですが、美しく年を重ねているという印象の方が強いですね」(芸能ライター)

『ぽかぽか』では、かつて芸能界の大御所たちから幾度となく医者や政治家との“お見合い”を勧められていたことを明かした西田。実際に紹介された相手と食事に行くなどまさにモテモテの時代を送りながら、いずれも交際には至らなかったという。

夏の風物詩

 2002年に結婚して2人の子供がいる西田だが、芸能界きっての人気者とあって、婚約発表時に大きな注目を集めたことを覚えているファンも多いのではないだろうか。その婚約発表の場となったのが、“夏の風物詩”としてメディアで紹介されることが多かった西田の誕生日パーティーだ。

「メディアがこぞって取り上げた西田の誕生日パーティーは1988年にスタートし、婚約発表をおこなった2001年まで大々的に開催されていました。どことなく“浮世離れしたお嬢様”といった西田の雰囲気も手伝い、マスコミに夏の風物詩とネタ化されてしまったのではないでしょうか。

 ちなみに昨年8月、所属事務所の創立75周年記念パーティーで22年ぶりに西田の誕生日パーティーが復活して話題をさらっていました」(前出・芸能ライター)

『ぽかぽか』への出演で改めて注目を集めた西田だが、テレビ出演自体は珍しいわけではない。読売テレビの『かんさい情報ネット ten.』ではコメンテーターのひとりに名を連ねており、定期的に更新しているInstagramでも番組出演情報を告知。併せて、50代にして崩れることのない西田のスタイルもチェックすることができる。

 結婚後露出が減ったとはいえ、かつてトップアイドルだった西田の人気はいまも健在のようだ。