元IBF世界同級王者ドヘニー、井上なら「俺のベストを引き出してくれる」

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望している元IBF世界同級王者TJ・ドヘニー(アイルランド)が、地元紙を通じて再び挑戦状を送っている。井上が元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)を6回TKOで下した6日の興行で、ブリル・バヨゴス(フィリピン)に4回TKO勝ちを収めている37歳は「日本のファンのために全てを懸けてやる!」などと豪語している。

 アイルランドの専門メディア「アイリッシュ・ボクシング.com」は「TJ・ドヘニーは“モンスター”から逃げない」との見出しで記事を掲載。通算26勝(20KO)4敗のドヘニーは約1週間前にも同メディアを通じて「俺は(井上の)次戦候補の1人だ」「9月の対戦相手の最有力候補は俺」などと主張していたが、改めて井上戦を熱望している。

 井上の次戦はWBO&IBFスーパーバンタム級1位のサム・グッドマン(オーストラリア)が有力視されているが、ドヘニーは「(井上と俺が)この階級に残っている最もエキサイティングなスタイルを持つ、最もハードなパンチャーの2人だ」「(俺は)戦争を予言することしかできない」などと語っている。

 圧倒的な強さを見せつけている井上に対しても臆する気持ちはない様子。「他の給料泥棒たちと違って、そこでは俺が怯えながら戦う姿は見られないだろう」とコメントし、さらに日本のボクシングファンを意識してか「日本のファンのために全てを懸けてやる! 大和魂とともに現れる」との言葉も飛び出している。

 井上と戦ったネリが体重超過を犯した場合などの代役としての立場もあったドヘニー。結局ネリが計量をパスしたことで、6日は前座の同級8回戦でバヨゴスと対戦した。「あの夜、一緒にリングに上がった相手が誰であろうと、完全に準備を整えて行った。イノウエはもっと高い能力のあるボクサーだから、俺のギアをさらに上げてくれただろうし、それが俺のベストを引き出してくれる」。強い相手ほど燃えるようだ。

(THE ANSWER編集部)