北朝鮮で最も南に位置し、気候が温暖な黄海南道(ファンヘナムド)は、田んぼの広がる大穀倉地帯だ。今月から田植えが始まったが、電力難がネックになり思うように進んでいない。現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

安岳(アナク)郡、殷栗(ウンニュル)郡など道内の農村では先月から深刻な電力不足が続いている。本来なら田んぼに水を張るための揚水機が使えるように1日に4時間電気が供給されることになっている。これでも充分とは言えないだろうが、それが1時間以下になってしまったのである。

特別扱いの農業用の電力供給がこの有り様なのだから、民家は言うまでもなく、全く電気の来ない日もある。邑(郡の中心地)の住民は、発電機や自動車のバッテリーを使って自主的に電気を調達するしかない。

電気の自主調達は農村とて同じだ。

安岳郡の大楸里(テチュリ)と元龍里(ウォルリョンリ)の住民は、自宅にソーラーパネルを設置して発電を行っている。利用率は非常に高く、20世帯から40世帯で構成される人民班(町内会)で使っていないのは3〜4世帯ほどだ。もはや、インフラですら国に頼れないのが今の北朝鮮だ。

さらに頭の痛い問題も発生している。盗難だ。

「ますます生活が苦しくなり、泥棒が増えている。ちょっと目を話した隙に、金目のものはすべて盗まれるが、ソーラーパネルとて例外ではない」(情報筋)

(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

田植えの時期なので農民はほぼ1日外出しているが、その間にソーラーパネルを盗まれてしまうのである。盗難を防ぐために、ソーラーパネルを室内に仕舞ってから出かける人もいる。これでは発電ができず、意味がないようにも思えるが、それでも盗まれるよりはマシだ。

「仕事が終わって帰宅すれば午後8時、9時ごろになるが、(ソーラーパネルが盗まれて)電気がなければ真っ暗で何も見えない。最近は断水も続いていて、丸一日働いても体を洗うことすらできず、もはや人間の暮らしではない」(情報筋)

照明はもちろん、テレビやラジオも使えないため、何の娯楽もない。ソーラーパネルを盗まれてしまった農民は「まるで家に住んでいるだけのケダモノだ」だと嘆いた。