正常よりも指数が多い「多指症」の男性が先月、Instagramで余剰指を披露したところ、大きな反響があった。男性の小指側から生えた余剰指には関節がなく、360度回転させることができるという。英ニュースメディア『The Sun』などが伝えた。

【この記事の他の写真を見る】

【この記事の動画を見る】

インド、ムンバイ生まれのカレン・シェティさん(Karen Shetty)は今から26年前、両手に6本ずつ、計12本の手指を持って誕生した。これは「多指症」と呼ばれるもので、余剰指は両手の小指側からサボテンの子株のように生えた小さなものだった。

ところが幼い頃、カレンさんは感染症に罹って右手の余剰指を切除せざるを得なくなり、現在の手指の数は11本だという。

そんなカレンさんの多指症は遺伝で、曽祖父と祖母2人、叔母に同じ症状が見られ、「余剰指があることで自分はユニークな存在だと感じる」と語り、このように続けた。

「余剰指に感覚はある。ただ骨はあるけど関節はなく、360度回転させることができる。それに家族の中には余剰指に爪がある者もいて、爪は伸びるんだ。」

実はカレンさんの余剰指にも爪が生えていて、指自体は柔らかいそうで、こう明かした。

「私の余剰指がキュートで柔らかいことを知ると、人々は指を触って遊ぼうとするんだ。だから私は、7歳以下の子供たちにマジックショーを披露することもある。余剰指はとても珍しいからね。」

なおネットワークエンジニアとして働くカレンさんは大のジム好きで、Instagramには身体を鍛える動画が多数投稿されており、先月15日のデッドリフトの動画は約1か月の再生回数が600万回超と大きな注目を集めた。

動画には「私のキュートで小さな6番目の指に『こんにちは』と言って!」と言葉が添えられており、フォロワーからは「あなたの手の握り(グリップ)が強いのはなぜ?」と質問が投げかけられている。

そこでカレンさんはまず、カメラに向かって余剰指が突出した左手を披露。そしてバーベルを握り、余剰指を180度回転移動させるとデッドリフトを開始した。

小さな余剰指のパワーを誇張したこの動画には、「これはフェアじゃないよ」「可愛い」「ハハハ。これは不正行為だろう」「5本と4分の1のパワーだね」「中指はどれ?」「まるでアクセサリーみたい」「なぜ切除しなかったの?」といったコメントが寄せられた。

カレンさんはこれまで、この余剰指を切除することは考えたことがないそうで、「これは遺伝。今の世代では、私が余剰指を受け継いだということさ」と語っていた。

ちなみに昨年9月にはインドのラージャスターン州で、手足の指が全部で26本ある女児が誕生し、家族は「女神の生まれ変わり」と祝福していた。

画像は『Karan Shetty Instagram「#gym #gymmotivation」「Say ‘HI’ to my cute little 6th finger」』『Amar Ujala 「Rajasthan: डीग में जन्म के बाद नवजात बच्ची को देखने उमड़े लोग; मान रहे धोलागढ़ देवी का अवतार, ये है वजह」(फोटो : social media)』『Talliya Anyee TikTok「Now we wait for them to fall」』『LADbible 「Twelve-Year-Old Boy Has An Extra Thumb On Both Of His Hands」(Credit: SWNS)』『Metro 「Woman born with 12 fingers and 20 toes branded a witch by her neighbours」(Picture: SWNS)』より
(TechinsightJapan編集部 A.C.)