コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

克欽湖湿地に巣を作ったコウノトリのつがい。(2023年3月27日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

 【新華社チチハル5月19日】中国黒竜江省チチハル市に位置する扎竜(ジャロン)国家級自然保護区の克欽湖湿地でこのところ、国家1級保護動物のコウノトリが子育てに励んでいる。

 つがいの雄は幼い頃に負傷して同保護区に運ばれた後、自然に返された。保護区内の湿地で雌と共に巣を作り、毎年ひなを育てている。2022年に山火事で巣が焼けた時も近くに新たな巣を築いた。今年3月下旬に再び姿を現してからも「愛情物語」が続いている。

 保護区は総面積2100平方キロ。1992年に国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された。生息している鳥類260種余りのうち41種が国家重点保護鳥類に指定されており、中国東北部の重要な鳥類の生息・繁殖地となっている。

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

巣の修繕をするコウノトリのつがい。(2023年4月1日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

克欽湖湿地に巣を作ったコウノトリのつがい。(2022年4月1日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

巣の上に立つコウノトリの幼鳥。(2023年6月21日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

巣の上で卵を温めるコウノトリと空を舞うガンの群れ。(2023年3月27日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

柔らかい草を巣に運ぶコウノトリ。(2023年4月1日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

トウモロコシの葉を巣に持ち帰った雄のコウノトリ。(3月22日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

母鳥(右)と2羽の幼鳥。(2023年6月21日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

木の枝を巣に持ち帰る雄のコウノトリ。(3月22日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

巣の修繕をするコウノトリ。(2023年3月27日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

14日、巣の中の幼鳥を見守る母鳥。(5月14日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)

コウノトリの夫婦が紡ぐ愛情物語 中国黒竜江省

柔らかい草を巣に持ち帰った雄のコウノトリ。(2023年4月1日撮影、チチハル=新華社配信/王勇剛)