小雨がそぼ降る5月上旬の夕方、都内の一等地にあるマンションから現れた全身黒ずくめの男。右手で傘を差し、傍らの女性が雨に濡れないようエスコートしている。入口近くに待たせていたタクシーに乗り込んだ二人は、車で5分ほどの距離にある東京の新たなランドマークへと向かっていった――。

この日、スタイル抜群の美女とデートを楽しんでいたのは、ピアニストの清塚信也(41)だ。

「5歳頃からピアノの英才教育を受けていた清塚は、’00年の『第1回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA』で1位を獲得。世界三大音楽院の一つであるモスクワ音楽院に留学し、その後も国内外のコンクールで多数の賞を受賞しています。’19年には、日本の男性ピアニストとして初めて日本武道館公演を実現しました。音楽以外にも、’13年には映画『さよならドビュッシー』で俳優デビューし、『酒のツマミになる話』や『ワイドナショー』(ともにフジテレビ系)では芸人顔負けのトークで番組を盛り上げるなど、多彩な活躍をみせています。甘いマスクも相まって、“クラシック界の貴公子”ともいわれていますね」(テレビ局関係者)

プライベートでは’12年に女優の乙黒えり(41)と結婚。二人の娘がいる。

そんな彼に、妻とは別の女性との不倫疑惑が浮上しているのだ。では、相手の女性は何者なのか。清塚を知る音楽業界関係者が声を潜める。

「かつて銀座の高級クラブでホステスとして勤務していたA子さんです。清塚とは今年1月頃から親しい関係だと聞いています。清塚はA子さんが住むマンションにたびたび通っており、地方でコンサートがあるときには彼女を帯同することもあるようです」

冒頭の場面に戻ろう。A子さんの住むマンションから一緒に出てきた清塚たちが向かった先は『麻布台ヒルズ・タワープラザ』。ハイブランドのショップや高級飲食店が軒を連ねる都内の新セレブスポットだ。

車寄せでタクシーを降りた二人は、アパレルショップをチラチラと覗きながら4階にあるカフェへ向かう。積もる話でもあったのか、二人はここで1時間弱を過ごす。合計1時間半ほど麻布台ヒルズでのデートを楽しんだ二人は、タクシーで一緒にA子さんが住むマンションへと戻っていった。

この親密なデートについて、そして自身の不倫疑惑について、世界的ピアニストは何を語るのか。後日、清塚本人がFRIDAYの取材に応じた。

―A子さんとは不倫関係にある?

「いえ、違います。彼女とは不倫関係にはありません」

清塚はA子さんとの不倫関係を明確に否定した。5月17日発売の『FRIDAY 5月31日号』では、清塚が語ったA子さんとの関係性や麻布台ヒルズデートの1日を詳報。有料版『FRIDAY GOLD』では、清塚とA子さんの2ショット写真を掲載している。