遠野なぎこ、母親から虐待を受けた幼少期 15歳で摂食障害に

ざっくり言うと

  • 15歳で摂食障害となり、現在もその症状と闘っている遠野なぎこに話を聞いた
  • 発症のきっかけは、母親に虐待されて育ったことが大きく影響しているという
  • 母から「吐けば太らないのよ」と教えられて吐いたのが最初のことだったそう
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。