女性客に高額な売掛(ツケ)を背負わせて風俗店などで働かせる「悪質ホスト問題」。それを受けて、歌舞伎町ホストクラブでは1月から売掛金の規模を段階的に縮小し、4月までに全廃するとしていた。
「売掛ができなくなったことで辞めるホストが増えた」

 そう話すのは、歌舞伎町のホストクラブの経営に関わる人物。そこで気になったのが、ホストが店を辞めた後の行き先だ。これまで女性客からチヤホヤされていたホストは、どのような職に就くのだろうか。しかし、詳しい話を聞いてみると、そう簡単でもないらしい。

◆“飛ぶ”しかなくなるホストたちの事情

 7年前に歌舞伎町のホストクラブに勤務していたリクさん(仮名・30代)に話を聞いた。

「その後は不動産屋や広告代理店の営業など、“喋り”を武器にするケースが多いです。ただ、それはあくまでもマトモな店で普通に“引退”できたホストの話です。“飛んだ”ホストで人目につく仕事に就ける人はほとんどいません」

 “飛ぶ”とは、水商売用語で店に無断で辞めることを指す。

「悪質ホスト問題」は当然、店の問題でもある。女性客だけでなく、働くホストにとっても悪質。そんな店に勤めたゆえに、ホストは辞めるのに苦労して「飛ぶしかなくなる」と話す。

「うちはSNSや雑誌などメディア向けの露出が多い店でした。そのため、店側が広告を打ち出してくれなければ初回のお客さんから指名すら入らない。でも、実際はメディアで売り出すホストに対して“広告費”という名目で借金を背負わせている。よく見かける『ウン億円プレイヤー』も、実はホストが自腹を切っていたり、店から借金を背負っていたりすることが多いです」

 最初はオーナーの方針に従っていたというリクさん。しかし、店への借金は一向に減らなかった。

「いくらSNSに出てもミーハーな客は増えるだけで売り上げはぜんぜん伸びませんでした。客数が多ければ、一人ひとりに付ける時間は短くなるので、ヘルプが回らずお客さんが怒って帰ることもありました。店への借金も減らないし、精神的に病んでしまったんです」

◆逃れるために本名を変更

 とはいえ、いくら体調不良でも店を休むことは許されない。指名客は店に来るし、同僚のヘルプホストに迷惑がかかる。しかもリクさんは、店が用意した寮に入っていた。寮ではリクさんのほかに売れっ子ホストが3人、同居していた。

 しかも、リクさんは借金を抱えているため、退店することは許されない。入店時の履歴書で実家の住所もバレている。そこでリクさんがとった方法とは……。

「ちょうどその頃、彼女ができたんです。彼女の実家が地方で稼業をしていることを知ったんです。こんなチャンスはないと思い、彼女と話し合って計画的に子供を作りました。当時、20代前半だったので普通に結婚するのでは彼女の親から認められない。そこで子供を作り、彼女の実家に婿養子として入ったんです」

 当然、店側はリクさんが彼女の実家に嫁いだとは知る由もない。こうしてリクさんは本名(苗字)を変え、悪質なホストクラブから逃れた。もちろん、実家に連絡がきたが、リクさんの親には「行方不明」ということにしてもらった。幸い、実家まで借金の取り立てに来ることはなかったという。

◆「いま思えば、ハメられた」

 リクさんのように、悪質なホストクラブに入店してしまい、飛ぶしか選択肢がないホストは少なくないのだが、ハヤトさん(仮名・20代)もそのひとりだ。

「僕が働いていたホストクラブは、ペナルティが多い店でした。遅刻、当日欠勤以外にも毎週ある強制同伴やイベントなど、事あるごとに罰金を取られました。当時、大学生で授業もあったので遅刻も多く、給料はほとんどありませんでした」