インドに住む13歳少女が、家に侵入した野生のサルから1歳の姪を守ったことで話題を呼んでいる。5〜6匹のサルと室内で対峙し、「怖かった」と当時を振り返る少女だが、AIアシスタントの“アレクサ”に指示を出し、見事にサルを追い払うことに成功した。少女の対応には「これは賢い」など称賛の声が寄せられており、少女は大企業から仕事のオファーを受けたという。インドのニュースメディア『India Today』などが報じた。

【この記事の動画を見る】

インド在住のニキータさん(Nikita、13)は今月初め、ウッタル・プラデーシュ州バスティにある姉の家で、1歳3か月の姪ヴァミカちゃん(Vamika)と遊んでいた。当時、この家には訪問者がいて、彼らが門を開けたままにしていたという。

ニキータさんの義理の兄によると、この地域ではよくサルを見かけるそうで、非常にイタズラ好きで有名だという。門が開けっ放しになっているのを見つけた5〜6匹のサルは、すかさず家に侵入した。

ニキータさんは、「サルがキッチンに入ってきて、物を投げ始めました。私も姪も怖かったですよ」と当時を振り返る。ニキータさんやヴァミカちゃんに近づこうとするサルもいたと言い、このままでは噛みつかれるなど攻撃される可能性もあった。

幼い姪を守るためにも、どうにかしてこの状況に対処しなければならなかったニキータさん。その時、冷蔵庫の上に置いてあるものが目に入った。それはAmazonが開発したAIアシスタント“アレクサ(Alexa)”を搭載した、スマートスピーカー「エコードット(Echo Dot)」だった。ニキータさんは、アレクサに「犬が吠える音を流して」と指示を出した。そしてスピーカーから犬の吠え声が聞こえると、サルたちは犬がいると勘違いしたようで、怖がってすぐに家から出ていったのだ。

今回の件は、ムンバイを拠点とするインド財閥「マヒンドラ・グループ(Mahindra Group)」の会長アナンド・マヒンドラ氏(Anand Mahindra)の耳にも入った。そして、「ニキータさんが学業を終えたあと、彼女のリーダーシップスキルをビジネスで活かしたい」と話し、マヒンドラ・グループでの仕事をオファーした。

ニキータさんのことが複数のメディアに報じられると、「なんて賢い子なんだ」「13歳にして、冷静にこの対処ができるのはすごいよ」など彼女の咄嗟の行動に驚きや称賛の声が寄せられた。

ちなみに昨年7月にはスコットランドで、「アレクサ、助けを呼んで!」と6歳の娘がスマートスピーカーに呼びかけ、2度も母親の命を救ったというケースが注目を集めていた。

画像は『People.com 「Young Girl, 13, Cleverly Uses Amazon’s Alexa to Save Herself from a Monkey Attack ― Here’s How!」(PHOTO: COURTESY OF AMAZON)』『Business Today 「‘Alexa, bark like a dog’: How tech-savvy UP teen saved toddler from monkey attack」』『Sky News 「Glasgow schoolgirl saves mum by calling for help on Alexa device」』『Max Franklin TikTok』『Caters Clips YouTube「Adorable Baby Thinks Her Name Is Alexa」』『Aly Femia TikTok「Alexa, I need daddy」』より
(TechinsightJapan編集部 iruy)