【MLB】ドジャース4-6メッツ(4月20日・日本時間1日/ロサンゼルス)         

【映像】 球場騒然!大谷に“予想外のハプニング”が起きた瞬間

4月20日(日本時間21日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ニューヨーク・メッツの一戦で、ドジャース・大谷翔平が見舞われたハプニングが、野球ファンの間で注目を集めている。

1-2、ドジャース1点のビハインドで迎えたこの試合の5回裏・ドジャースの攻撃。この回先頭で打席に入った2番の大谷であったが、投手と対峙しはじめた瞬間、顔のあたりを虫が飛び回るというまさかの事態に。そのため、大谷は一度打席を外し、虫を追い払うような仕草を見せていたものの、なかなかいなくならなかったようで、しばし、苦笑しながら虫を追い払うことに。そして、ようやく虫を払いのけて打席に立つと、カウント2-2からの5球目、ボール気味に投じられた真ん中低めの変化球を上手く捉えて、ライト右を破り、そのままワンバウンドでスタンドへと入るエンタイトルツーベースに。この一打で大谷は6試合連続のヒットをマークすることとなった。

大谷といえば、ロサンゼルス・エンゼルスでプレーしていた昨季も、6月の試合で顔の近くへと執拗に迫ってくる虫を追い払う仕草を見せた後で、第26号本塁打を放っているが、今回は“技アリ”の二塁打に。そうした背景もあってか、ネット上の野球ファンからは「なぜか幸運を運ぶ虫w」「鬱陶しいのに運気上昇する謎の存在www」「これはさすがに無視できないwwww」「集中力すごい」「迷惑でも運気が上るならええやろw」「なんでこの時期ってこう同じような小さい虫ばっか飛んでくるんやろな」といった様々な反響が巻き起こっている。

ABEMA『SPORTSチャンネル』)